個人技術を伸ばすハンドボールドリル〜本場ドイツ流、体の機能と判断力を鍛えるトレーニング〜 【男子ユース日本代表監督・明星大学ハンドボール部 監督 植松 伸之介 指導・解説】

 

「ハンドボール」だけに注目すると、日本人はドイツ人と比べてハッキリ言ってしまえば弱いです。

 

しかし日本人は「ひとつのことに集中する」事においてはドイツ人より優れています。いえ、世界トップレベルといっても多言ではないでしょう。

 

そういう意味でいうならば日本人ハンドプレーヤーの個人個人はドイツ人ハンドプレーヤーよりも強いのです。

 

あとは「複数の動きを同時進行で」出来るようになれば世界だって相手にできます。

 

世界を相手に戦えるほどに成長した選手日本国内で試合したら…?
もうこの先は言うまでもありませんね。

 

ただ、ドイツで行われているメニューをそのまま日本に取り入れる。
それだけで問題が解決するかというと、それは否です。
ドイツ人と日本人では身体のつくりも思考も違います。
ドイツ人の真似っ子をすればドイツ人ハンドプレーヤーと同じになれるというのは大間違いです。

 

そしてもちろん今回ご紹介の教材にはドイツのトレーニングメニューの中でも日本人に適したものと、ドイツのハンドボール事情を知り尽くした植松コーチが日本人向けに編み出したアレンジメニューも取り入れ

 

日本人向けのドイツハンドボールトレーニングドリル

 

という内容になっています。

 

これはドイツで選手と監督、双方の経験がある植松コーチだからこそなせる指導の技です。

 

・名プレーヤーになりたい
・ライバルチームに勝ちたい
・弱小チームを全国に導きたい
そんなことは夢でも奇跡でもありません。
全ての日本人ハンドプレーヤーや指導者が、本当は目の前にしているのに見えてないだけの現実です。

 

日本人の大得意分野、プレーヤーの「個」をさらに引き延ばし強豪国の技術を取り入れ一度の複数の動きを身に付けることが出来れば待っているのは「勝利」しかありません。

 

個人技術を伸ばすハンドボールドリル〜本場ドイツ流、体の機能と判断力を鍛えるトレーニング〜 【男子ユース日本代表監督・明星大学ハンドボール部 監督 植松 伸之介 指導・解説】