自分らしく逝く

日本では年間130万人の人が亡くなっています。そのうち半数以上の人が必要ないと思っている自分の葬式。

 

しかし葬式は実際に行われています。なぜ要らないと考えているのでしょう。

 

それは料金が高いからです。ネットやテレビコマーシャルでも葬儀代が高いのを意識してか家族葬やお通夜を省いた一日葬や小さな葬式などが宣伝されています。

 

本教材は、葬儀の基礎知識や寺院への費用のうち大きくウエイトを占める戒名の説明とともに、どうしたら家族の心に残る葬儀を安く行えるかを解説しています。

 

付録として『死亡に伴う届出・手続き』、戒名を考えるのに役立つ『有名人・歴史上の人物の戒名』も特典としてお付けしています。

 

自分らしく逝く